フェロモン香水 > フェロモン香水について > フェロモン香水のつける場所

フェロモン香水のつける場所


フェロモン香水のつける場所はどこでしょうか。

フェロモンは、人間の鼻の先端のくぼみで感知します。
この部分は、鋤鼻(ジョビ)器官と呼ばれています。
ここで感知したフェロモンは、脳の視床下部へ伝わり、わずか1万分の1秒という時間で何らかの行動を起こさせることがわかっています。
ですから、この場所に近いところが理想的だと言えます。

フェロモン香水の働きは、つけた自分がそのフェロモンを感知することで、自分自身のフェロモンの分泌を活発にさせるように作られているため、周囲の人ではなく、自分が一番よく感知できる場所につける必要があります。
そして、フェロモンの持続時間は2,3時間ほどなので、フェロモンの入っていない香水よりも頻繁につけ直す必要があります。

理想的な場所は、首のうしろや耳の後ろ、うなじなどです。
手首でもOKです。
これらの場所は、フェロモン香水でも香料入りのものを使う場合、自分にも、周りの人も不快を感じない場所となっています。
手首は、普通の香水をつける場所となっています。
手首には静脈がありこの脈にあわせて、香水の香り成分やフェロモン成分が発散されます。
このような場所は、他に首や膝の裏などもあります。

フェロモン香水の多くは、アルコール成分が一緒に入っているものが多く、つけた感じでヒヤッとするというような口コミがあります。
フェロモンは、元々は無臭で、効果を早く出すためには早く感知させる必要があることから、蒸発成分を持ったアルコールを一緒に混ぜることで、早くフェロモンの成分も蒸発させようとしたものだと考えられます。

フェロモンの持続時間は、2,3時間と言われています。
もし無香料タイプのフェロモン香水を使うなら、2,3時間ごとにつけ直す必要があります。
香料タイプも同じですが、香りがキツくなると自分も周囲も不快になるので、様子をみながらつけ直しをします。
香料タイプを選ぶ場合は、臭いが柔らかめのものを選ぶ方がいいでしょう。

ランキング

STORIA(ストーリア)

1位

STORIA(ストーリア)はおもわず女性が振り向いてしまう香りで、楽天ランキングユニセックス部門で第1位を獲得した人気の香水です。

おすすめポイント

  • メディアで注目
  • モテる香り
  • 楽天ランキングユニセックス部門第1位

さらにSTORIA(ストーリア)についてもっと詳しく解説!≫≫≫


ラルフローレン・ポロスポーツ

2位

ラルフローレン・ポロスポーツはクールで透き通るようなフローラルノートがベースのウッディ ノートとハーモニーを奏でる香りの香水です。

おすすめポイント

  • スポーツフレグランス
  • クールな香り

アルマーニ アクアディジオ

3位

アルマーニ アクアディジオは地中海のさわやかな海をイメージした香水で、マリン系フレグランスの代表!男女共に大人気です。

おすすめポイント

  • 男女共に大人気
  • マリン系の代表格

フェロモン香水について

フェロモンの基礎知識

フェロモン香水について

フェロモンの基礎知識